トップ>>会社情報>>事業紹介

伊予スワインガーデン紹介ページ

事業紹介

各部門の主な役割

  • 営業部門(本社・支店・営業所)
    全農グループの最新の知見にもとづく配合設計をおこない、畜産農家や消費者のニーズに沿った畜産物の生産性向上につながる安心・安全な配合飼料を提案します。
    生産者が必要とする各種情報提供はもとより、生産性向上につながる配合飼料や単味飼料および各種生産資材の提供を行います。また経営、環境、物流、販売、衛生、疾病予防等あらゆる分野の企画・提案を通じて、生産者が抱える様々な課題の解決をサポートします。
  • 製造部門(工場)
    安心・安全な配合飼料をお届けするため、防疫管理を徹底し、原料受入から製品出荷までの厳重な工程管理のもと、高品質な「くみあい配合飼料」を製造します。
  • 業務部門(本社業務部・工場業務部)
    工場の品質管理および製造管理を管理・指導できる体制を構築します。
    また、受注・製造・物流の効率化にも積極的に取り組みます。
  • 品質管理部門(工場品質管理部)
    食品の安全性が重要になってきている中で、当社は安全・安心を経営の重要課題のひとつと考え品質管理を実施しています。各工場に品質管理部を配置し、原料及び製品の品質確認やトレーサビリティー体制を確立しています。また、製造品質規格のISO9001を取得し、抗菌剤GMPガイドラインの適合確認も受けています。
  • 管理部門(本社経営企画部・事業管理部)
    管理部門は会社経営全体の企画・管理を担当する経営企画部と、人事労務・決算・システム管理等を担当する事業管理部があります。会社の主業務である飼料製造・販売に従事する社員の健康と働き甲斐のある社内環境の整備にも積極的に取り組んでいます。
  • 愛媛養豚実証農場 伊予スワインガーデン
    自ら生産する養豚用配合飼料を用い、最新鋭の施設を有し新たな生産技術の検証とその普及を目的とし、更には大規模化が進む養豚農家に対応できる人材育成・社員の研鑚の場となる養豚農場、それが「愛媛養豚実証農場伊予スワインガーデン」です。愛媛県大洲市に位置し、敷地面積約12ヘクタール(東京ドーム約2.5個分)、母豚規模:1,000頭(常時飼養頭数10,000頭)、年間肉豚出荷:25,000頭、年間約8,000トンの配合飼料需要を生む大規模な養豚農場です。
    詳細はこちらから

業務の流れと部門

業務の流れ

ページの先頭へ